Loading

ブログ - 最新エントリー

ローカル環境で xupdate を使って core をアップデートした後で
本番環境にDBやファイルをアップロードし
本番環境の管理画面から xupdate を呼び出したら
リロードが何度も走ったうえで白紙画面が表示されてしまった

/modules/xupdate/admin/index.php?action=UserPassColumnLenFix&xoops_redirect=....

色々調査したところ以下のような問題であった

20181220 へのアップデートによって? mainfile.php に以下のコードが挿入される
    // Alrady fixed length of users table pass column of this DB (Auto inserts by X-update)
    define('XCUBE_CORE_USER_PASS_LEN_FIXED', true);

この値がセットされていないと xupdate の管理画面を表示した際に、この更新を行うためのリロードが行われる模様

mainfile.php は動作環境によって異なるので、すでにこの対処が行われたDBで、このコードが追加されていない mainfile.php を使用すると
この更新処理を実行しようとして、失敗してしまうものと思われる

本番環境の mainfile.php に、上記のコードを追加してあげれば治る
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (0)
xupdate で以下のアップデートをかけたら画面が真っ白に
CorePack 20180208 → CorePack 20181220


以下の二つのファイルのパーミッションを確認
html/modules/user/preload/Primary/EncryptPassword.class.php
xoops_trust_path/modules/xupdate/admin/actions/UserPassColumnLenFixAction.class.php
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (138)
xupdate で モジュールの更新を行おうとしたら
解凍用ディレクトリの作成または書き込みに失敗しました
というエラーが出た

どうやら ftp の mkdir に失敗している模様
550 permission denied

VSFTPD の設定に問題があったみたい
/etc/vsftpd.conf で write_enable=YES にして
service vsftpd restart
して、再度実行

他のプロセスがアップデート中です。しばらく待ってから再度実行してください。
が出た場合は
xoops_trust_path/uploads/xupdate/xupdate.lock を削除して再実行
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (93)
xupdate で以下のアップデートをかけたら画面が真っ白に
CorePack 20170328 → CorePack 20180208

エラーログを見ると
html/preload/debugOnlyAdmin.class.php
が読み込めてない模様

フォルダを確認すると -rw-r----- というパーミッション
chmod go+r してあげてブラウザをリロード
無事に表示されるようになった

おそらく開発環境の PHPは mod_php で動いているため
パーミッションが足りないのだろう
サーバ環境なら fastCGI なので問題は起きないと思われるが
他のファイルに合わせて -rw-r--r-- にしておくのが吉?
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (242)

xupdate のキャッシュをクリア?

カテゴリ : 
作業メモ
執筆 : 
masa 2018/11/26
サーバから持ち帰ってきたxoops で
xupdate をかけようとすると
「アップデートあり」や「すべて」に何も出てこなくなっていた

仕方ないので
TRUST_PATH/uploads/xupdate/ フォルダ下の
*.php を削除
再度表示させると、正しく出てきた
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (150)

coreserver 移行での不具合

カテゴリ : 
不具合情報
執筆 : 
masa 2018/10/29
ssh オートログインを設定していたのだが以下のエラーが出た

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 @    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
 Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
 It is also possible that a host key has just been changed.
...

サーバが変わったからだが、
ssh-keygen -R "xxx.coreserver.jp"
としてから、再接続で再登録してもなぜか怒られる

Warning: the ECDSA host key for 'xxxxxxxxx' differs from the key for the IP address 'XXX.XXX.XXX.XXX'
Offending key for IP in /home/hoge/.ssh/known_hosts:N

IPアドレスでの登録 known_hosts にあったのか、該当の行を削除したら治った
もう一度 ssh-keygen -R で IPアドレスを指定して実行すればよかったのかも
という訳で、別のマシンから再度試してみた
やっぱり
ssh-keygen -R "XXX.XXX.XXX.XXX"
と IPアドレスを指定したら、問題は消えた
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (98)

Xoops X update d3forum

カテゴリ : 
作業メモ
執筆 : 
masa 2017/10/26
アップデートで白紙になった

preload/D3forumCommonCss.php の o+r がない
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (93)
以前は出来ていたのに、coreserver で xupdate しようとすると
「上書きのキャンセル」が多数表示され、アップデートできない

デバッグ表示してみると

Connection refused (111)
とか出ていた

色々試したところ
ホストアドレスを
127.0.0.1 から 実際の IPアドレスに変えたら動作した
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1721)

IMGTAG D3 (0.41) のインストールに失敗

カテゴリ : 
作業メモ
執筆 : 
masa 2016/1/22
既存のXCLに久々にモジュールを追加しようとして IMGTAG D3 をインストールしたらインストールに失敗した。

◾コールバック 'xoops_module_install_d3imgtag' を実行することができませんでした
◾d3imgtag モジュールのインストールに失敗しました

新しい環境に移行して MySQL のバージョンが上がっているためだ。

sql/mysql.sql の部分が
TYPE=MyISAM;
となっているのを
ENGINE=MyISAM;
に変更


ついでに以下のようなワーニングが出ていたので修正

Unknown Condition [8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in 
  file .../xoops_trust_path/modules/d3imgtag/oninstall.php line 34
 Unknown Condition [8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in 
  file .../xoops_trust_path/modules/d3imgtag/oninstall.php line 37

$sqlutil =& new OldSqlUtility ;
& を取る
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2254)
d3pipes で facebook の rss を取得していたのだが、
去年の夏くらいから facebook から rss を取得することができなくなっていた。
graph API から json で取得することができるようなので、d3pipes でやってみようと...

まずは facebook から json で取得しなければならないが、以下のような手順が必要な模様。

(1)developer登録する
(2)新規アプリ作成して App Token を取得する
(AppToken は Tools&Support の AccessTokenTool で得られる)

その上で
https://graph.facebook.com/{facebook_page_id}/feed?access_token={access_token}
から json 形式でデータが取得できる

(facebook_page_id はGraphAPIExplorer などから取得できる)
search?q=XXXXXXXX&type=user


さて、ここからが本題

...続きを読む

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2622)